hotflash

更年期障害の症状を改善するためにはどんな方法が効果的か

更年期障害を和らげる対策

看護師

生活習慣を見直す

女性ホルモンは加齢によって減少するだけでなく、日頃の生活習慣が原因で減少することもあります。そのため、更年期障害の症状を緩和させたいなら、まずは生活習慣の乱れを改善することから始めるといいでしょう。栄養バランスを考えた食生活や、十分な睡眠、適度な運動などを心がけることが大事です。

病院で治療を受ける

更年期障害の症状を緩和させるには、病院で治療を受けるといいです。病院で行なっている主な治療法は、「ホルモン補充療法」というものです。ホルモン補充療法とは、注射を打つことで足りなくなったホルモンを補う治療法になります。更年期障害の症状が発症するのは、女性ホルモンの減少が大きな原因だと言われているため、この治療を受けることで症状は大分和らぐでしょう。

自律神経を整える

更年期障害になると自律神経のバランスが崩れ、体や心に様々な影響をもたらします。そのため、自律神経のバランスを整えることが大事なのです。効果的な方法としては、ウォーキングなどの有酸素運動を行なったり、アロマテラピーなどで心を落ち着かせたりすると自律神経のバランスが整うでしょう。特に有酸素運動は、心身共にスッキリした気分になれるのでおすすめです。

漢方やサプリを摂取する

更年期障害の症状を和らげるには、サプリや漢方を摂取するという方法もあります。サプリで特におすすめなのが、プラセンタという成分です。プラセンタは哺乳類の胎盤から摂れる成分で、体に不可欠な栄養が豊富に含まれているほか、美容にも絶大な効果を発揮してくれます。また、漢方も更年期障害の症状を緩和させる効果があります。睡眠障害やほてり、頭痛、めまいなどの症状を改善してくれるでしょう。

広告募集中